スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

えんせふぁりとぞーん。

昨日、Oreoくんが動物病院に行ったのでその記録を書き留めておきます。
Oreoくんが病気になったとかではないのでご心配なく~♪

文章のみで、ものすごい長文なので隠します。
(写真の入ったいつもの記事はこの下のエントリーにあります。)
Oreoくんが、Myxo(Myxomatosis:兎粘液腫)と
RHD(Rabbit haemorrhagic disease:兎ウイルス性出血病)のワクチンを受けている、
ということは以前にも書いたことがあります。(※カテゴリー:びょういん。を参照)

今回は、Ez症(エンセファリトゾーン症 : E.Cuniculi)の検査についてお話を聞きに行ってきました。

※以下の内容はあくまでむーみ個人で調べたものと、
Oreoくんを診てくださる動物病院の先生の言葉に基づいています。
不安なことや詳しいアドバイス等は、かかりつけの専門医にお聞きくださいませ。
 

MyxoとRHDは、日本では珍しいようなので「初耳!」って方も多いと思いますが、
Ez症は、それに比べるとよく知られた病気だと思います。
(病気の詳しい説明に関してはWebなどにたくさんありますのでここでは割愛。)

Ez症の場合、どちらかというと、斜頚などの症状が出てから病院へ、
ということが多いかと思うんですけれど、
実際は感染していても発症していない場合(陽性)があります。

Ez症を引き起こす病原体は、感染した(陽性含む)個体の排泄物などを通して、
他個体へ感染経路を広げます。

感染するのは、必ずしもうさぎだけ、というわけではないようで、
例えば、うさんぽなどで公園に出た場合の感染のリスクを考えると、
心配性のむーみはとても不安になりました。

そして、万が一、OreoくんがEz症陽性だった場合、
感染してしまうかもしれない他の動物のことを考えると、
Oreoくんを、うさんぽ、にわんぽ共にさせるべきではないと思いました。

何があっても最期のその時までOreoくんのそばにいられるよう精一杯頑張る、
Oreoくんを迎えるときに自分に約束したことは、今でも変わりません。

でも、私、気になりだしたことを放ったらかしにしておくことが出来ない性分で…(涙)
ある程度自分でも勉強したんですが、アンドレさんと相談して、
「やっぱり専門家に聞くのが一番っしょ!」ということに相成ったわけであります。

Ez症が陽性かどうかを知るには血液検査が必要です。
(Oreoくんが診てもらっている動物病院ではこれに対応していないので、
別の大きな病院に行く必要があります。)

ただし、Ez症の感染・発症を防ぐためのお薬はある、と言われました。
陰性の場合⇒三ヶ月に一回、8日間の薬剤投与。
陽性だが発症していない場合⇒三ヶ月に一回、28日間の薬剤投与。

これらはずっと続けなければ意味がないそうです。

薬剤投与の方法は、シリンジもしくは口内へのスプレー。

うさぎさんはお家の中でだって幸せに飼えると思います。
Oreoくんにこんな苦労をかけずとも、お家の中で幸せに暮らせる方法を見つける、
それが飼い主であるむーみとアンドレさんに課せられた義務なのかもわかりません。

でも…。
夏の間に、別荘で楽しそうにはしゃいだり、まったりまどろんだりするOreoくんの姿を見ると、
やっぱり少しの間だけでもお外に出て、風や木やおひさまの匂いを感じて欲しい、
エゴかもしれませんが、そう思ってしまうのです…。

どちらにせよ、まず、血液検査でEz症の感染の有無を確認しなければいけないのですが、
検査をしてくれる病院が遠い上に、今アンドレさんが仕事の休みを取れないので、
今すぐに実現することはなさそうです…。ぶひ。
とりあえず、今回の検診で先生に診て頂いた限りでは、
どこにも異常が見当たらなかったので良かったです。


ついでに、体重も2.15kg(前回2.35kg)まで減量に成功!!!
アンドレさん、ありがとう!Oreoくん頑張ったね!
2.15kg~2.2kgが理想体重と言われたので、このまま維持したいと思います。
(Oreoくんはミニロップといって、ホーランドちゃんよりひとまわり大きな品種です。)
先生がOreoくんに「とてもきれいな子!しっかり面倒みてもらってるわねー。」
と言ってくださったらしく、アンドレさんはすごく喜んでいました。

あと、ずっと気になっていたこと、「カクカクをさせべきかどうか」も尋ねてみました。

うちでは、Oreoくんのマウンティング行為をずっと止めてきていました。
Oreoくんが英国紳兎のため…というのは冗談ですが、
アンドレさんに対してばかり飛びかかっていくのは、
やはり優位行動のひとつだからではないかと個人的に考えたからです。

先生は、「止めたとき、彼(Oreoくん)の気分に変化はありますか?」とお聞きになった上で、
彼女自身のお考えとしては、「させねばならない、ということではないと思う。」とのことでした。

確かに、Oreoくんは一時、カクカクしたいのに出来ないことがわかると
ちょっとしょんぼりしたり、不貞腐れたりすることがありましたけれど、
他のことで注意を紛らわせてあげると忘れてしまうことがほとんどで、
今は、アンドレさんに対してもマウンティング行為は見せなくなりました。

先生は、「気になるようなら去勢もできますが?」と言ってくださいましたが、
これに関してはアンドレさんが即答で「NO」。(笑)
Oreoくんの場合は、スプレー行為も完全になくなりましたし、
Oreoくんにたらこ様がついているからといって人間にとって困るようなことは何一つありません。

ただ、Oreoくんが我慢しているならカクカクもさせてあげなきゃ可哀想かなぁと。
アンドレさん曰く、Oreoくんは「禁欲生活の末、ついに悟りをひらいた」んだそうなので、
まぁ、今更無理して助長させることもないかなと思います。

「カクカク」に関しては、各うさ飼いさんそれぞれに自論なりがおありだと思いますが、
うちはこれでいくことになりそうです。


総括として、今回の病院は、先生も女性でしたし、注射も無かったので、
Oreoくんにとっては比較的楽だったようです。良かった良かった。


こんな長い文章をここまで読んでくださった方(いるのか?!)、
本当にありがとうございました。ぺこり。


↓からだはちっちゃくても一生懸命生きてるよ。そんなうさぎさんたちに心打たれるむーみでした。↓
bannerbannerbannerbanner_br_sakurabird.gif
絵はカイヌシさん作です。ありがとうございます!
COMMENT : 6
CATEGORY : びょういん。 | THEME : RABBIT(うさぎ) | GENRE : ペット |

COMMENT

いますよ。読みました。
とても参考になりました。
目を痛めているためコメント短くてごめんなさい。
2009/03/11(水) 23:13:42 | URL | ロイ母 #-[編集]
とても興味深く読ませていただきました<m(__)m>
ありがとうございます。

うさぎのワクチンですが、日本にはないようです。
これらの病原体は、日本にはいないそうです。
(検疫で防いでいるそうです)

Ezは、なかなか判断などが難しい病気のようですね。
何か病気になって、Ez陽性だとしても、必ずEzが原因とはいいきれなかったり、まだまだ解明が不十分な病気のように、マムは感じています・・・。

カクカクも、ジャス君で色々悩みました。
ジャス君の場合は、もんもんとした気持ちで不調になりそうな感じなので、マムの太ももで毎日ハッスルしてもらっています(笑)。
兎優位とか、あまり気にならないおバカなマムですので(^_^;)
というか、ナノ嬢なんてどう考えてもマムが下ですからね(笑)。

2009/03/11(水) 23:38:57 | URL | ジャスマム #UbCtKfmc[編集]
はーい 読みました。
Ezの知識は ぽぽを迎えるにあたって買った本で
読んだだけなので、とっても参考になりました!
感染を防ぐ方法があるんですね~。

カクカク、今はほとんど無いですが
一歳頃はたまに私の足に絡んできました(笑)
もともと淡白なのかなぁ・・
自分がうさぎだというのを忘れているかも。

ジャスくんは毎日ハッスルですか~!

2009/03/12(木) 00:18:46 | URL | spur #-[編集]
ロイ母さんへ。
ロイ母さん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!ぺこり。

うわーん!ロイ母さん、目の調子が良くないときにこんな長文…
読んでくださって本当にありがとうございました。
感謝で涙出そうです。

書いた張本人の私が今更言うのもなんですが、
どうぞお大事になさってください。ぺこり。
2009/03/12(木) 18:37:38 | URL | Muumipeikkoreo #-[編集]
ジャスマムさんへ。
ジャスマムさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!ぺこり。
そして全部読んでくださって、しかも興味深いと言ってくださって…
とっても嬉しかったです!ぶえーん(涙)

MyxoもRHDも、日本で見られない、というのは本当に素晴らしいことだと思います。
広まった経緯などを調べていると、何だかつらくなるようなことがたくさんですし。

これらの病気やEz症に限ったことではありませんが、
いわゆる、完治しにくいうさぎさんの病気に関しては
まだまだ圧倒的に情報量が少ない印象を受けます。

うさぎは小さくて、犬や猫のようには長く生きないかもわかりませんが、
そのいのちの重さは変わらないと思います。
もっともっとうさぎさんのことがわかるようになりたいなーと思うむーみです。

ジャス君の場合は、うさぎ優位というよりも、
カクカクに対するあくなき挑戦、といいますか(笑)そういうイメージを受けました。

Oreoくんは、ある程度コントロールしてあげないと興奮し過ぎて
自分で自分を傷つけてしまうタイプなんです…紳兎のようでいてワイルド(涙)
人間とうさぎさんが穏やかに(無理?!)暮らせるような接点探し、
私はまだまだ勉強中です。頑張ります!ウヒィ!

ナノ嬢は…あれだけ美人だと、上に出られる人はいないと思います!(笑)
もうひれ伏すしかないでございます。ははぁ~(土下座)
2009/03/12(木) 18:57:57 | URL | Muumipeikkoreo #-[編集]
spurさんへ。
spurさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!ぺこり。
こんな長いだけの文章なんて読んでもらえないだろうなぁ~いじいじ…と
湿っておりましたので(笑)、読んで頂けて嬉しいです!(小躍り)

私も、色々飼育書などを読みましたが、
病気に関する知識などは、どうしても後手後手に回ってしまうという
自分の悪いクセをなおしたいなーと思って…(苦笑)

ぽぽくん、自然とカクカクしなくなったんですか?!
でも何となくイメージ的に”してなさそう”なことは確かです(笑)
ぽぽくんはこぐまくんの弟だからわかる気がします。←どういう理解の仕方?

Oreoくんは5・6ヶ月頃がピークでしたね。
アンドレさんが、「Oreoに追いかけられるよう!怖いよう!」と言ってました。

ジャス君のカクカク動画を初めて拝見したときは、
むむ~さすが!迫力が違う!と感心致しました。
でも、ジャス君の場合、問題行動もなさそうですし、羨ましいです~。
2009/03/12(木) 19:09:40 | URL | Muumipeikkoreo #-[編集]

Comment Form


秘密にする
 

FC2ブログランキング

おひとつポチリとお願いします。

FC2Blog Ranking


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


;Pについて


Oreoくん
(ブログの主人公)



Muumipeikkoreo/むーみ
(ブログを書いている人)



アンドレさん
(ただの白い人)


Oreoくん


最新記事


最近のコメント

データ取得中...


月別アーカイブ


カテゴリ

ふらっと。 (68)
あてぃっく。 (31)
がーでん。 (53)
るーむ。 (38)
びょういん。 (8)
ほりーちゃん。 (1)
いんぐらんど。 (6)
はじめまして。 (1)
そのた。 (13)


カウンター

いらっしゃいませ。


リンクさま

このブログをリンクに追加する


Links_UK


王子証明書。

ロイ母さんからの頂きものです。


リリブロ~ririblog~さん


検索フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Copyright © ;P All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。